がん治療

がん治療

副作用が少ない抗がん剤治療で肺がんをやっつける

二つのタイプに分かれる

がん細胞の大きさで違う肺がんは、小細胞肺がんと非小細胞肺がんの二つに分類されます。前者に挙げた小細胞肺がん自体はまだ小さい方なので早く治療をすれば完治が望めますが、非小細胞がんに比べると広がるスピードが非常に速いため大変厄介です。

肺がんの主な症状とは

医者と看護師

初期段階は無症状の場合がほとんど

他の病気に比べ肺がんは、確証が得られる特徴がなく、初期段階ではほぼ無症状である場合がほとんどです。体に異変を感じたころにはステージが進んでおり、抗がん剤治療と他の治療を併用し、治療をしなければなりません。肺がんを克服するには、まず年に一度の検診を受けることです。発見が早ければ早いほど抗がん剤治療の成果が出やすく、身体的負担を最小限に抑えられます。

風邪と間違えられることがある

初期症状が非常に風邪に似ていることから、寝て過ごせば治ると信じ切っている人もいます。肺がんになった場合、先に出る症状は咳や淡です。初期段階はまだ軽い状況なのですぐに収まることがほとんどなので病院に行かず、後で末期だったことを知らされるわけです。放置した日数分、がん細胞は着実に数を増やし、他の臓器に転移しています。どうにか抗がん剤治療で細胞を減らすことはできても、最悪の結果を招く可能性は十分あるでしょう。だからこそ、人間ドッグや肺がん検診を利用し、病気から身を守ることが大切なのです。

肺がんだと決定づける症状

風邪の多くは一週間から二週間にかけて自然と咳や淡が収まりますが、肺がんは一か月以上咳が続きます。ひどくなると、息切れを起こしやすくなり階段やちょっと歩いただけでもゼエゼエします。以前よりも淡の量が増え、血液が混ざるようになります。この頃になると胸の痛みが出てきたり、食べ物を飲み込むのが苦痛になったりします。その影響で食が細くなり、体重が急激に落ちるのです。この症状は大体初期から中期にかけてみられるものですが、抗がん剤治療を定期的に受けることで症状を緩和させることができます。心配される副作用も、軽減するための薬があるので心配いらないでしょう。

辛い副作用を乗り越える

聴診器

治療を長く続けるためのポイント

抗がん剤治療で厄介なのは、様々なところに影響を及ぼす副作用です。軽減するための方法をランキングで紹介しているので、がん闘病中の人はチェックしてくださいね。

READ MORE