がん治療

がん治療

薬には様々な種類がある

治療を長く続けるためのポイント

聴診器

分子標的薬の特徴を知る

細胞の分裂を抑え、尚且つ細胞が増えるのを抑える役目をするのが抗がん剤治療の強みです。ピンポイントでがんを取り除くというよりは、広範囲にわたって治療ができるのが抗がん剤治療の特徴でしょう。がん細胞の破壊から、転移を防ぐなどこれ以上がん細胞を暴れさせないために必要な薬です。中でも分子標的薬は、比較的新しい抗がん剤で、転移と増殖二つを同時にブロックできる優れものです。すでに十数種類に及ぶ分子標的楽が導入されており、がん治療に大きな結果を残しています。

代謝拮抗剤のすごいところ

細胞を増やす時に作られるDNAがありますが、それに似た薬剤をがん細胞へ直接投与することで細胞の増殖を抑えるというものです。これまで難しかったがん治療にも成果を出しており、再発した様々ながんや、手術不能になったものはこの薬で完治が見込めます。また、このタイプの抗がん剤治療は長期間にわたり効果をキープできるので、一回の投与でがん細胞を小さくできるでしょう。日本だけでなく、米国でも広く使用されている薬で、今後も期待される抗がん剤の一つです。

他の治療と併用するならアルキル化剤

昔は、毒ガス兵器として開発されていましたが、アルキル化剤単体だとがん治療へ与える効果が緩やかなので他の抗がん剤治療と併用されることが多いです。大量に薬を投与しなければならない場合にも不可欠でしょう。多発性骨髄腫や悪性リンパ腫に活用されることが多く、近年は子宮頸がんや若者に多い骨肉腫にも効果を発揮しています。

女性特有のがんに最適なホルモン剤

ホルモンの大量分泌による前立腺がんや乳がんに欠かせないのがホルモン剤です。このホルモンが大量に出ると、がん細胞が育ちすぎるため、食い止めるためにホルモン剤を投与します。さらには、女性ホルモンの一種であるエストロゲンとアルキル化剤などを組み合わせて、前立腺がんの治療を試みる病院もあります。中でもアロマシンは、再発率が高い乳がんに絶大な効果を出すことがわかっています。

副作用を軽減できる手頃な方法

no.1

食事の量を減らす

抗がん剤の種類によって副作用が強く出る可能性もあるため、軽減するための薬を処方されることがあります。ただ、効き目には個人差があるため軽減できる他の方法を活用する必要があります。例えば、副作用が強く出ている時は食事の量を減らしたり食べる量を調整したりするなど、工夫をするだけで副作用を軽減させられます。

no.2

着用する服に気を付ける

抗がん剤治療に最も多い副作用は、嘔吐です。投与初日は非常に辛く、座ってるのがやっとでしょう。気持ち悪さが中々軽減されない場合は、抗がん剤の量を少なくすることも念頭に置いといた方がいいかもしれません。他の方法だと、体を締め付けないゆったりした格好にしたことでだいぶ収まったとの声も多数上がっています。

no.3

さっぱりしたドリンクが効果的

嘔吐をした後は口の中が不快感でいっぱいなので、対策としてレモンの果汁が入ったドリンクやお茶を服用する患者さんが多いようです。口の中を冷水でうがいするだけでも全然違うと好評です。食事をとった後はなるべく横にならないよう注意しましょう。胃の圧迫感を防ぐために食後1時間から2時間は座って過ごすのが望ましいです。

no.4

清潔にする

抗がん剤治療の副作用は嘔吐の他に脱毛があります。投与を始めてから早い人で数日から脱毛が始まるため、今まで以上に頭皮を清潔に保つ必要があります。抜ける数を少しでも減らしたいなら、治療前にショートカットにしておくと精神的苦痛が和らぎます。最近はウィッグとは思えないハイクオリティのものが販売されているので、ヘアスタイルの問題は解消できるでしょう。

no.5

薬でコントロール

便秘や下痢も、抗がん剤治療の副作用で最も多いものです。病院で処方されるものに抗コリン剤がありますが、下痢がひどくなると好中球が減少している可能性が高いので、免疫力を回復するための薬剤を投与します。便秘は、抗コリン剤を服用しつつ、お腹のマッサージをすることでだいぶ軽減されています。